ぱるてゅ でぃ あでゅ <つきのうらであいましょう>
むかいかぜ

最近かけてなかったので、

確認がてら書く。

 

 

ー仕事

 

だいぶ楽しくなってきた 慣れたとは思っても、やっぱり出来ないこと、気をゆるめると失敗することがまだまだある。それが、慣れても在るっていうことが本当楽しい。一方 人間関係などは慣れてきたのでこころや頭に余裕がうまれてきて、いろいろと仕事中に有意義なことを考えられるようになってきた。ある程度、疲れ果てない程度に打ち込める仕事があるってありがてえ。ありがてえです。

 

 

 

ープライベート

 

・カルテットにはまった。ついで高橋一生へちゃぽん(どぼんまではいかない。)

そのつながりでwomanを見返した。womanは実家でみた記憶があったんだけど、ちょうど、横浜時代死にかけてたときだった気がする。そのときも衝撃で、久しぶりにみても衝撃だった。なー。田中裕子おそろしや・・それでも生きてゆくの大竹しのぶはもう逆にエンターテイメントなの、田中裕子はリアルすぎてこあいの・・

 

 

・本当の一人暮らしをはじめる(予定)。

自分にとって、自分が、いちばん、居心地が良い。ってどんな状態かな〜って。

それを、考えるだけじゃなくて黙々と実行する時期がきた。しかもそれを保つって。どんな重労働だろう。でもこれだって慣れだ。

部屋にかんしてだけいうと、あまり広いとだめ。整理整頓できる棚がある程度ないとだめ。色はシンプルがいい。窓が2方向についてると落ち着かない。ベランダがほしい。階が上のほうでも案外平気、階段を使わなきゃいけないとしても下よりは上が好き。etc.

 

 

・ちゃんはが(仮名)の話。

つい半月ほど前に会社を辞めた私より3つくらい若い女の子、ちゃんはが。たぶん、違う出会いかたをしてたらすんごく仲良くなれたと思う、(そう思わせる才能がある子だったのかもだけど)

でも、出会うには遅すぎた、もしくは早すぎた。こんな出会いは初めてだった。

タイミング的に、私は悟りすぎていて、彼女は疲れすぎていた。

また違う形で出会いたいなーと思ってる。そんで親友になれたらいいなあ。

最後の最後、ジェットコースターのように仲良くなりかけて、箱根にまったりしにいく約束をしたまま別れた。たぶんもう会えない。lineで連絡はいつでも取れるのに、こう思うのはきっと私と彼女だから。

 

・縁があるひとは縁があり、ないひとはとことんない。

 

・このごろ、もろもろ他人にたいする気配とか予感が当たりすぎてこわい。心が安定してきたことでたぶんこども時代にあった勘が冴えてきた。な・の・に・自分のことはまったくわからない。

 

・ひとりが好き。

基本ひとりが大好き。世界がどんどん広がってくから。でもひとりでご飯たべるのは虚しい。バランスが難しい。ひとりが大好きすぎる大好きさ、本当の意味でひとりがだめなひとにはぜんぜん通じない、今の彼氏はたぶんひとりがだめなひとなの、 職場に、ほんとにひとりが大好きっぽい男の子2人くらいいるんだけど、すごく阿吽の呼吸感があるの、最初からぱーこころひらけるの、だからといって恋におちるわけじゃないの。このかんじ。あー生きるのめんどい。生きるのちょっとたのしい。

 

- comments(0) -
| 1/765 | >>