ぱるてゅ でぃ あでゅ <つきのうらであいましょう>
人生は恥じの繰り返しですね。
 最近は、なんだろ、満足っていう名のたいだ、「それで、別にいいんだ」っていう強がりまでいかない確信が、私の中にちゃんと居つくようになって、言葉にするまでもないな、って思ってた。
し、言葉にするとちょっと頭せまっこくなって気持ちよく感じられないなーって、いう理由もあって言葉にするのをさぼっていました。
でも、
自分で自分にちゃんといってるんだよね、1年半前に。表現能力が足りない、そこを鍛えなきゃどうしてもやっていけない。って。長期間かけて身につける何かが必要。って。
言葉を操る生き物に生まれたからには、ちゃんと言葉を大切にしよう。

ああ、たらないんだな。本当に全くといっていいほど、たらない。

貪欲、の意味が少しだけわかってきた気がする。
からからに乾くのどを潤すみたいにして、情報を得る。場所にいく。人に会う。



この1年(この半年?)で大きく変わったのは、

人間が好きになったこと。

(今だけの感情かもしれないけどわりと長持ちしてる。湿った土をぽんぽん、って固めたみたいにしっかりした心持ち)


前はわりと、無関心だったんだけどね。「人間」って存在にたいして。それも含めて自分が大嫌いだった。嫌いで仕方なかった。はたから見たら、痛々しくて、可哀想で、あたまわるいなーってかんじだったと思う。少なくとも私は自分にたいしてそう思う。

今は、少しだけでも知ると好きになれるひとが急激に増えて、びっくりしてる。
私より、全然上の年齢のひとたち、だからかな。年齢だけ人生を生きてるおとななひとたち。
学生時代は触れ合う機会がなかったひとたち。親世代でもない、それよりちょっと下くらい、か。私とちょうど5才〜15才くらい離れてるひとたち。

「ここが」好き、とかピンポイントじゃなくて、嫌いなとこもあるけど「なんか好き」なんだ。知れば知るほどだいすきになってくる。不思議なきもち。


ずいぶん丸くなっちまったねー。


就活してたときは今振り返ってみるとほんと、未来に絶望しか抱いてなかった。夢なんてどんどん奪われていくんだって。
それはただ、メディアに踊らされてただけ。なにもかも、自分次第。なにもかもが。本当に、すべてが。
絶対に避けられない現実、残酷に突き落とす現実もあるけど、それさえも自分次第。



丸ーく。甘ーく。なって。しまった。



失恋したてで家にひとりでいるのが辛すぎてテレビさえ消せなかったあのとき、大学入りたてで人生ではじめての新生活と自分に期待ばっかりしていたあの頃、もっとさかのぼって妄想に浸かりきって現実逃避してた高校時代、1年間記憶がすっぽり綺麗になくなってる中学3年生(ほんとに何があったのやら。何もないと思うけど。たぶん自分のこと殺しすぎて記憶ないんだと思う)、寝つきが悪くて夜中におとーさんをしょっちゅう起こしてしまってた小学生時代、

って、言ってみたけどひとことじゃ片付けられましぇん。

過去は関係なかった。いや関係あるけど、無視はできないし捨てきれないけど、それにとらわれすぎる必要なんて全然なかった。







だからもっと広がってく。広がって、広げていこう。今よりもっとトゲトゲしてた自分がちょっと名残り惜しいけど、今はもう、目の前のこれが現実だから。
- comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








Aitaiyo--(*゚ェ゚*)
from. の | 2012/08/28 23:09 |
>のんたそ
会いたいよーーー会おうよーーーー!
from. フガッ | 2012/09/04 00:27 |
<< NEW | TOP | OLD>>